都市河川学会

都市の河川を中心に、川を考える。川を愛でる。川を遊ぶ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

河内貯水池に行ってきました

私の地元・北九州にも、いくつかダムがあるのですが、そのなかでも比較的有名なのがこちらの「河内貯水池(河内ダム)」です。八幡製鉄所(当時は官営)の拡張計画の一環として工業用水確保のため、大正8(1919)年に着工、昭和2(1927)年に完成しました。堤体の高さ44.1メートル、重力式含石コンクリートダム。
元々工業用に作られたダムで、現在も民間企業(新日鉄)が所有・管理しています。完成当時は「東洋一のダム」と言われ、今でも現役で稼働しています。
近代化産業遺産にも指定されています。

IMG_5480.jpg

IMG_5484.jpg

IMG_5485.jpg

IMG_5483.jpg

IMG_5488.jpg

そしてこちらにかかる南河内橋(眼鏡橋)。二連のレンチキュラートラスからなります。日本での建築例は3例しかないそうで、これが唯一現存しているもの。こちらも昭和2(1927)年竣工です。

IMG_5497.jpg

IMG_5492.jpg

IMG_5493.jpg


一緒に子供たちと行ったのですが、子供たちはまるで興味がなさそうでした(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 20:34:26|
  2. 日本の川
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。