都市河川学会

都市の河川を中心に、川を考える。川を愛でる。川を遊ぶ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スイスのピクトさん・その3

ピクトさん・スイス編、第3回です。

IMG_4741.jpg
確か、空港内を移動する電車の中にいたピクトさん。数字は定員のはず。


IMG_4814.jpg
ピクトさんと言うか、イラストですな。飛び出し注意。


IMG_4813.jpg
かばんの取っ手や靴のかかとなど、描線が細かいのがスイスのピクトさんの特徴かも。


IMG_4807.jpg
横断歩道のピクトさんも、描写が細かいです。


IMG_4799.jpg
立入禁止ピクトさん。斜め線は入らないのね。
スイスは小さい国の上、国境に近い場所なので4カ国語です。


IMG_4795.jpg
これ、日本の標識と同じですが、日本のものより明らかに描線がはっきりしています。
というか、日本の道路標識の中で、アレだけものすごーーーーく描線がゆるゆるなのが昔から気になっているんですよね。これです。
DSC04888.jpg
たぶん、どこかの国の標識をお手本にする時に、模写が甘かったせいではないかと思うのですが、なぜアレだけがゆるゆるなのか、なぜ原画を描き直さないのか、理由が分かる方がいたら教えてください。

私は密かに、この標識を「ニョロニョロおじさんに連れ去られる女の子」と呼んでいます。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/16(火) 22:15:31|
  2. ピクトさん
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。