都市河川学会

都市の河川を中心に、川を考える。川を愛でる。川を遊ぶ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京静脈その1

よく「川のどの辺に萌えるんですか?」って聞かれるんですけど
上手く答えられたことがありません(笑)。
多分、本人もよくわかってないんです。
でもなんかハアハアするんですよねえ…

橋

橋脚1
この辺はまだ序の口というか、そんなでもないんですけど


高速下1
こういう、船でしか見られない角度とかに入ってくると
かなりハアハアしてきます。


家壁1
こういう「川の面が無防備な建物の壁」なんかも
ポイント高いですね。

やっぱり、普段見ることのないモノを見ている感じとか
見ちゃいけないものを見ている感じが
グッとくるポイントの一つだと思います。

そういう意味で言うなら
橋裏1
こんな「橋の裏側」はその最たるモノですよね。
水面に光が反射して、きらきらしてたりするとホントにたまりません。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/20(金) 22:33:11|
  2. 東京静脈
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。